組織

設立 1984年4月21日
会員数 300人(平成22年5月27日現在)とする

不動産流通委員会

会員相互のビジネス支援を目的とし、毎月定期的に情報交換会を開催しています。

建設・設計委員会

現場見学会や勉強会を開催し、建設業界の最先端技術の知識の習得を促進する他、
ビジネススキル向上につながる講演会への積極的な参加を会員に促しています。

社会活動部

毎年、現役明治大学生へ向けた就職支援活動(業界セミナー等)を開催し、
建設業界・不動産業界への認識を広めたり、
チャリティオークションを行ない、売上金を災害義捐金として寄付しています。

企画部

研修会や季節のイベントを開催し、会員相互の親睦を深めるお手伝いをしています。

財務部

会員の皆様より頂いた会費の管理を行ない、潤滑な会の運営をサポートしています。

事務局

総務的な役割を担い、各部・各委員会の活動をサポートしています。

組織図

会長よりご挨拶



第8代会長 
高橋 弘(S61.商)

建設・不動産駿台会は、昭和59年4月に当会の前身となる『明大昭和会 建設不動産部会』が設立され、平成26年に30周年を迎えました。

現在では建設業・不動産業及びその関連業界で活躍している約300名の明治大学卒業生が所属しており、会員間のビジネス支援や親睦活動を通じて母校明治大学ならびに社会への貢献を行なっています。

定期開催している情報交歓会・リーシング部会・相続研究会等、会員間のビジネス支援活動をはじめ、大学の垣根を超えた大学不動産連盟の地域情報交換会や20代30代の若手会員を中心とした『Mu-40』の活動の他、「釣り好きの方が集まる会」「肉好きによる29の会」「野球部」や「バンド」等、駿台会の中に多くの小グループが多数存在することで、ビジネスから親睦へ、親睦からビジネスへと会の活動により厚みを増してまいりました。

ご興味のある明治大学OBOGは是非ご参加ください。